資料請求

メニュー

在学生紹介
ケガの連続だった苦い競技経験も学びを通じて輝き、アスリートを支える喜びに

星野 楓(ほしの かえで)
保健医療学部 柔道整復学科 4年

入学の動機について

柔道整復師になろうと思った動機は何ですか?

小さい頃から運動が大好きで、将来はスポーツ関連の仕事に就きたいと考えていました。中学の時に取り組んでいた陸上競技で脚を痛め困っていた時に、接骨院で治療していただき良くなったことがきっかけでスポーツ医療、柔道整復師に興味を持つようになりました。

なぜ他の大学ではなく、明治国際医療大学を選びましたか?

高校3年の時に、ずっとお世話になっていた先生から本学を紹介していただいたのがきっかけです。歴史のある大学で、卒業生が国内外を問わず多方面で活躍されていることを知り入学を決めました。

実習・授業について

印象に残っている授業は何ですか?

1年生の時の包帯学実習です。包帯学は柔道整復師の仕事をするうえで必要となる技術のひとつですが、人によって身体の形も異なるため、包帯を巻くことが苦手でした。先生や先輩からコツを教わり、何度も練習に付き合っていただいたおかげで苦手意識もなくなり上達することができました。

大学でお気に入りの場所は?

学修支援センターと自習室です。自分のペースで勉強に取り組める環境が整っており、仲間と共に切磋琢磨しながら、それぞれの目標に向け高め合うことができます。

将来について

今後の目標を教えてください。

大学での学びを通じてセルフケア(自己管理)の重要性を感じ、自立したジュニアアスリートの育成に関わりたいと思うようになりました。ケガに苦しんだ自分の経験を活かし、治療面だけでなくメンタル、栄養面など多角的にサポートし、選手から信頼されるトレーナーになりたいと考えています。

注)このインタビューは令和元年度秋に行いました。