資料請求

メニュー

在学生紹介
入学の決め手は、
3年次に免許を取得する
内容の濃いカリキュラム。

島 諒典(しま りょうすけ)
鍼灸学部 鍼灸学科 4年

入学の動機について

鍼灸師になろうと思った動機は何ですか?

中学生の時、陸上部でけがをして鍼灸院で治療してもらい、その良さを実感したことがきっかけです。

なぜ他の学校ではなく、明治国際医療大学を選びましたか?

3年次に国家資格を取得し、4年次には有資格者として患者さんに施術できるからです。専門学校や他大学よりもスキルアップでき、アドバンテージになると思い、選びました。また、プロフェッショナルな先生方が揃っていて、いろいろな研究をされているので、学べることがたくさんあると思ったからです。

授業・実習について

印象に残っている授業は何ですか?

一つは東洋医学です。これまで知っていた西洋医学とは全く違う考え方で、最初はとまどいました。
もう一つは初めて知ることばかりの解剖学です。どちらも覚えることがたくさんあって大変ですが、鍼灸に深く関わっていておもしろいです。

実技・実習はどうですか?

まだそれほど体験していませんが、少人数で行い、院生の方がフォローで入ってくださるので、わかりやすく充実していました。
これから、どんどん実技・実習が増えていくのが楽しみです。鍼灸センターで先生が施術をするのを見るのも、解剖学や経絡経穴学の大切さを実感でき、ためになると思います。

将来について

将来の夢は何ですか?

鍼灸院の開業です。薬のような副作用がなく、痛みを根本から治す鍼灸の良さを広めていきたいです。

近年、鍼灸院は飽和状態にあると言われていますが、それについてはどう考えていますか?

地域によっては確かに飽和状態だと思うので、ただ鍼を打つだけではなく、在宅ケアや、スポーツ、美容に特化した強みのある鍼灸院を考えています。4年次に専門科目をいろいろ受講して勉強し、具体的な道を考えていきたいと思います。

注)このインタビューは平成28年度夏に行いました。