明治国際医療大学

入試Guide 2023入試Guide 2023

\入試ラインナップ/

明治国際医療大学は、さまざまな入試を実施します。
このページをご覧いただき、 あなたに合った入試方法を探してみてください。

総合型選抜
AO入試
スポーツスカラシップ入試
明医同窓入試
社会人入試
学校推薦型選抜
公募推薦入試
指定校推薦入試
一般選抜
一般入試
共通テスト利用入試

\入試のポイント/

受験の悩みを解消!!ポイントを押さえて
大学合格の扉を開こう!

POINT 1

得意な2科目
受験できる

対象:

  • AO入試
  • 公募推薦入試
  • 一般入試(A・B日程)

AO入試・公募推薦入試で実施している「学習到達度検査」では、英語・国語・数学の中から2科目、一般入試(共通テスト利用含む)では、英語・国語・数学・理科の中から2科目を選択。ご自身の得意科目を活かして受験できます。科目選択は試験当日に出題内容を見てから選択可能です。

POINT 2

オープンキャンパス参加で
検定料減額

オープンキャンパスまたはWEBオープンキャンパス参加で、入学検定料を10,000円減額します。共通テスト利用入試(検定料10,000円)で、この制度を利用すると、「無料」で受験できます。

  • 出願登録時に、減免コードが必要となります。
  • 特待生選抜試験は適用対象外です。
オープンキャンパス参加割引

POINT 3

合格のチャンスが広がる
学科併願

対象:

  • 公募推薦入試
  • 一般入試(A・B日程)
  • 共通テスト利用入試

公募推薦入試、一般入試、共通テスト利用入試では、1回の入試で、最大4学科まで併願出願できます(1回分の検定料のみでOK)
志望した全ての学科で合否判定を行いますので、合格のチャンスが広がります。

学科併願割引

POINT 4

メディカルアスレチックトレーナー育成支援制度

対象:

  • AO入試

募集学科:

鍼灸学科 / 柔道整復学科

本学認定資格「メディカルアスレチックトレーナー」の取得を目指す方を対象とした奨学金給付制度。中学または高校在学時、体育会系クラブに所属し、入学後は本学の「メディカルアスレチックトレーナー部」で活動する方が対象です。

  • オープンキャンパスでの面談必須

入学金相当額および
授業料10%相当額給付

POINT 5

学ぶ意欲を応援する
特待生選抜制度

対象:

  • 一般入試(A日程)
  • 共通テスト利用入試(A日程)

採用人数:

定員の10%以内

  • 総合型選抜・学校推薦型選抜等で合格された方もチャレンジできます。

授業料
全額または半額給付
最大4年間
入学後は、毎年度継続審査を行います。

POINT 6

地方試験会場
受験できる

明治国際医療大学の入試は、受験生の利便性を考慮し、本学キャンパス以外でも受験することができます。

  • 試験区分により実施する会場が異なります。
大阪試験会場
明治東洋医学院専門学校大阪府吹田市
九州試験会場
エイムアテイン博多駅
東貸会議室
福岡県福岡市博多区

試験区分

総合型選抜

AO入試専願

本学の教育方針およびアドミッション・ポリシーをよく理解し、将来の夢や目標を実現するために意欲的に学修に取り組める受験生を選抜します。

特長

  • 本学で学びたいという強い意欲のある方が対象
  • 専願制(第一志望学科のみ出願可)
  • オープンキャンパスまたはWEBオープンキャンパスへの参加必須

選考方法

試験科目等 配点
学習到達度検査※ 100点
ディスカッション 50点
面接 5段階
新体力テスト測定証明書(救急救命学科のみ) 5段階
  • 柔道整復学科・鍼灸学科は小論文との選択

評価ポイント

学力の3要素における評価内容

知識・技能
学習到達度検査、小論文による評価
思考力・判断力・表現力
学習到達度検査、小論文、ディスカッション、面接による評価
主体性・多様性・協働性
ディスカッション、面接による評価

スポーツスカラシップ入試専願

基礎学力、スポーツ分野で優れた能力と実績を持ち、本学でスポーツと医療の学びを両立できる受験生を選抜します。

特長

  • スポーツ課外活動で優秀な成績を収めた方が対象
  • 合格者には、競技成績に応じた給付型奨学金制度あり
  • オープンキャンパス等への参加・個別面談必須

選考方法

試験科目等 配点
選択※ 学習到達度検査 100点
小論文 100点
調査書 50点
面接 5段階
  • 試験当日に問題を見てから選択

評価ポイント

学力の3要素における評価内容

知識・技能
学習到達度検査、小論文、調査書による評価
思考力・判断力・表現力
学習到達度検査、小論文、面接による評価
主体性・多様性・協働性
調査書、面接による評価

AO入試・スポーツスカラシップ入試評価ポイント

[学習到達度検査]

大学での学びに必要な基礎学力を測ります。
高校で学習した各科目を十分に復習しておきましょう。

[小論文]

課題内容を正確に理解しているか、自分の主張が具体的に述べられ、論旨に一貫性があるか、適切な言葉や表現を用い、誤字・脱字なく明確で分かりやすい文章になっているかなどを評価します。

[ディスカッション]

チームや議論に貢献できる力を評価します。チーム力と個人の能力の両方が評価の対象です。議論に積極的に参加し、各々がどのような役割を果たしたかが重要なポイントになります。自分の意見を述べるだけでなく、他者の意見を傾聴し議論して、全員参加でゴールを目指す気持ちで、面接官に「それぞれが知恵を出し合った」という印象を残すよう心掛けましょう。

[面接]

学力試験では測ることができない意欲などを重視します。志望理由書などの提出書類の内容を参考に、本学を選んだ理由、入学後の抱負、将来のビジョンなどについて評価します。本学や学部学科の理解度、学修意欲、熱意、高校生活で力を入れた取り組みなどを面接官にアピールすることが大切です。

Topics

学習到達度検査について

各教科の基礎的な理解度を測る試験です。
試験時間は60分で、「英語」「国語」「数学」から2科目を選択して解答します。
科目は試験当日、問題を見てから選択できます。

試験科目 出題範囲
2科目
選択
英語 コミュニケーション英語I・II
国語 国語総合(古文・漢文を除く)
数学 数学I・A

学校推薦型選抜

公募推薦入試専願・併願

高校で真摯に取り組んだ学習活動と学校生活を評価します。
本学での学びに必要な基礎学力と医療人となる適性を備え、学校長の推薦を受けた受験生を選抜します。

特長

  • 本学で医療を学ぶ意欲があり、学業成績、人物ともに優秀な方が対象
    ※救急救命学科においては運動能力に優れるもの
  • 出願の目安:全体の学習成績の状況3.0以上
  • 出願時に専願制・併願制を選択(併願制は他大学との併願も可能)
  • 学科併願ができる(1回の入試で最大4学科まで出願可能)

選考方法

試験科目等 配点
学習到達度検査 100点
調査書 50点
推薦書 5段階
面接 5段階
新体力テスト測定証明書(救急救命学科のみ) 5段階

評価ポイント

学力の3要素における評価内容

知識・技能
学習到達度検査、調査書、推薦書、新体力テスト測定証明書(救急)による評価
思考力・判断力・表現力
学習到達度検査、面接による評価
主体性・多様性・協働性
調査書、推薦書、新体力テスト測定証明書(救急)、面接による評価

公募推薦入試評価ポイント

[学習到達度検査]

大学での学びに必要な基礎学力を測ります。
高校で学習した各科目を十分に復習しておきましょう。

[面接]

学力試験では測ることができない意欲などを重視します。志望理由書などの提出書類の内容を参考に、本学を選んだ理由、入学後の抱負、将来のビジョンなどについて評価します。本学や学部学科の理解度、学修意欲、熱意、高校生活で力を入れた取り組みなどを面接官にアピールすることが大切です。

[調査書]

出欠状況や特別活動の記録、課外活動、ボランティア活動、資格取得、人物評価など幅広い項目を評価します。

Topics

学習到達度検査について

各教科の基礎的な理解度を測る試験です。
試験時間は60分で、「英語」「国語」「数学」から2科目を選択して解答します。
科目は試験当日、問題を見てから選択できます。

試験科目 出題範囲
2科目
選択
英語 コミュニケーション英語I・II
国語 国語総合(古文・漢文を除く)
数学 数学I・A

一般選抜

一般入試併願

特長

  • 大学入学資格を有する方が対象
  • A日程は特待生獲得のチャンス
  • 学科併願ができる(1回の入試で最大4学科まで出願可能)
  • 共通テスト利用入試との同時出願ができる

評価ポイント

A・B日程

試験科目 出題範囲 配点
2科目
選択
英語 コミュニケーション英語I・II 100点
国語 国語総合(古文・漢文を除く) 100点
数学 数学I・A 100点
理科 生物基礎・化学基礎 100点
面接 5段階
  • 試験時間は90分。解答はマークシート方式。
    科目は試験当日、問題を見てから選択できます。
    理科は「生物基礎+化学基礎」となります。英語と国語には記述問題が含まれます。

C日程

試験科目 出題範囲 配点
小論文 課題について800字以内で記述 100点
1科目
選択
英語 コミュニケーション英語I・II 100点
数学 数学I・A 100点
理科 生物基礎・化学基礎 100点
面接 5段階
  • 試験時間は小論文60分、筆記試験45分。解答はマークシート方式。
    科目は試験当日、問題を見てから選択できます。
    理科は「生物基礎+化学基礎」となります。
    英語には記述問題が含まれます。

共通テスト利用入試併願

特長

  • 大学入学共通テスト利用した選抜
    ※本学独自の学力試験は行いません
  • 大学入学資格を有し、2021~2023年度の大学入学共通テストを受験した方が対象
  • A日程は特待生獲得のチャンス
  • 学科併願ができる(1回の入試で最大4学科まで出願可能)
  • 一般入試との同時出願ができる

評価ポイント

選考方法

試験科目 出題範囲 配点
2科目
選択
外国語 英語(リーディング・リスニング) 100点
国語 国語(古文・漢文を除く) 100点
数学 数学I・A 100点
理科 生物基礎、化学基礎、物理基礎から2科目選択、または生物、化学、物理から1科目選択 100点
調査書 20点
  • 「英語」はリスニングを含み200点満点を100点に換算。
    「英語」におけるリーディング・リスニングの配点は「1:1」
  • 科目選択において、所定の科目数以上に成績提供があった場合は、高得点のものを合否判定に使用

一般入試・共通テスト利用入試評価ポイント

Topics

一般入試でも面接試験を実施

本学では、一般入試において面接試験を実施しています。
基礎学力だけではなく、将来、医療に携わる者として、医療人をめざす強い意志、学修を継続する意欲や他者と協働するためのコミュニケーション力なども重要な評価の要素と考えています。

学力の3要素における評価内容

知識・技能
本学独自の筆記試験、小論文、大学入学共通テスト、調査書による評価
思考力・判断力・表現力
本学独自の筆記試験、小論文、面接による評価
主体性・多様性・協働性
調査書、面接による評価

同時出願割引

「一般入試」と「共通テスト利用入試」は同時に出願できます。
同時に出願しても受験料は同じです

同一日程での同時出願

  • 例)
  • 一般入試 A日程
    入学検定料
    30,000
  • 共通テスト利用入試 A日程
    入学検定料
    10,000➡0
  • 入学検定料30,000

  • 学科併願割引と同時出願割引は併用できます。