資料請求

メニュー

大学院(保健医療学研究科) 3つのポリシー

ディプロマポリシー(学位授与方針)

大学院保健医療学研究科柔道整復学専攻では、研究者としての人間性と教養を身につけ、科学的な視点に立って柔道整復学の発展に寄与することができる研究能力を修得するとともに、臨床・スポーツ現場などでグローバルに活躍できる高度専門職業人を育成する。

1. 表現・態度・人間性

  1. 研究者としての教養・態度・倫理観を身につけ、人々の信頼が得られる。
  2. 患者の苦痛に共感、理解し、手を差しのべようとする心優しく感性豊かな人間性の形成に努めることができ、医療人として良好なコミュニケーションがとれ、患者に信頼される行動ができる。

2. 知識・理解・判断・技能

  1. 柔道整復学研究における科学的手法の必要性を理解し、国内外の研究に関する十分な知識を有する。
  2. 先端的研究を推進することができる高度な知識と研究能力を修得し、研究成果を的確に判断することができる。
  3. 柔道整復学教育のために必要な人格、知識および技能を修得している。
  4. 伝統医術である柔道整復術を客観的・科学的に研究し、その成果を臨床現場において応用できる能力を修得している。
  5. 国際的な視野をもって医療・教育・研究活動を行うことができる。

3. 思考・意欲・関心

  1. 柔道整復学研究の発展のために、国内外の最新の医学研究に関心を持ち、必要な情報を収集できる。
  2. 患者にとって有益な情報とエビデンスに基づいた医療を提供するために、国内外の最新の情報を積極的に収集し応用できる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

大学院保健医療学研究科柔道整復学専攻修士課程では、柔道整復学分野における研究能力と高度な専門的治療を実践するために必要な知識と能力の修得を目的とする。
これらの目的を達成するために、(1)研究者としての倫理観と教養、 (2)柔道整復学研究に関する十分な知識と技能、(3)患者やアスリートの苦痛に共感し、医療やスポーツの現場で他の医療職種や関係者と連携し、協働できる知識と高度な専門的治療技術を修得し、柔道整復学の発展と高度な専門的治療技術をとおして国際社会に貢献できる人材養成を目標とした教育課程を編成している。

1.表現・態度・人間性

  1. 研究、医療関連の講義をとおして、研究者としての教養・態度・倫理観を涵養する。
  2. 医療関連の講義・インターンシップ演習をとおして、思いやり、共感する心を培い、真摯な態度で医療に取り組む心構えと姿勢を涵養する。

2.知識・理解・判断・技能

  1. 基盤科目をとおして基礎的な研究に関する知識と技能を身につけた上で、専門科目における講義、演習の学修と特別研究に取り組み、柔道整復学の分野における研究能力の向上を図る。
  2. プレゼンテーション演習や特別研究をとおして、調査・研究内容とその成果を第三者に分かりやすく正確に伝える技能を身につけ、柔道整復学の研究成果の発信と柔道整復学教育の充実・発展に寄与できる能力と態度を養う。
  3. 国際コミュニケーション演習、医療英語特論、特別研究をとおして、国際的に活躍できる実践力を養い、グローバルな人材としての資質を涵養する。

3.思考・意欲・関心

  1. 柔道整復学の発展とその臨床応用のために、国内外の最新の医学情報に関心を持ち、必要な情報を収集できる技法を修得するとともに専門的知識を学修する。
  2. 研究者、医療人として自ら考え、問題を提起し、それを解決する力を養うとともに、生涯学習を実践するための強い精神と態度を身につける。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

柔道整復学専攻

柔道整復学に高い関心を持つ人を求めています。さらに下記を求めています。

  • 高い倫理観と人を思いやる心を持ち、人との融和を大切にする人
  • 科学的に究明しようとする研究心旺盛な人
  • 研究や臨床に粘り強く課題に取り組むことができる人
  • 柔道整復領域における研究と教育において、より高度な専門性を志向する人
  • 海外での活躍を志向する人