資料請求

メニュー

進路支援

4年間のキャリアプログラム

高い求人実績を背景に、本学では実際の就職活動よりも、その準備期間を大切にしています。1・2年次はしっかりと学業に集中し、本格的な活動は3年次前期から。個人面談などを通じて、進路のみならず、目標実現に向けた将来設計を明確に描いていきます。

1・2年次

まずは学業に専念し、基礎知識・技術の習得を目指します。また、入学後の間もない時期に医療現場を見学する「早期臨床体験学習(アーリーエクスポージャー)」を実施しています。これによって医療人としての自覚を高め、学習意欲の向上を図ります。

3年次

学外実習や職場見学、合同就職説明会、卒業生講演会への参加を通じ、多彩な仕事や生き方を理解し、キャリア設計の参考にします。年初に進路ガイダンスがあります。また、マナー講習会で面接の作法や就職して社会人として知っておくべきマナーを学びます。

4年次

いよいよ本格的なキャリア設計・就職活動がスタート。決定までの間、ゼミ担当教員や進路担当者と何度も面接を行い、最適な進路を選びます。

進路支援

本学の進路支援は、徹底した「個人カウンセリング方式」。治療院や病院などへの就職か、本学大学院をはじめとする進学か? ゴールは開業か、それとも研究者や教員か? 学生一人ひとりの適性を的確に捉え、「10年先の将来設計」をアドバイスしています。 そのため、就職も進学もふまえ、幅広い進路選択ができます。

支援体制

キャリア支援室

本学では、学生の就職活動をサポートする「キャリア支援室」を設置しています。求人情報をリアルタイムで検索できるコンピューター端末を設けているほか、進路相談も受け付けています。データだけでは分からない求人先の魅力や可能性を、学生の希望をふまえて精査し、理想的な求人先を紹介。開業を目指す学生に、将来設計のアドバイスも行っています。また、キャリアップを目指す卒業生に求人情報を提供し、転職や再就職支援が決まるまで積極的にサポートを行っています。

  • 進路ガイダンス

    就職希望者に対し、年間複数回開催しています。就職に関する心構えのほか、夏期休暇中の職場見学のルール、社会人として必要なマナー講習など、毎回充実した内容です。

  • 職場見学

    治療院や病院の就職試験前に、相手先を訪ね、仕事内容や職場の雰囲気にふれることができます。自分に合う職場かを丁寧に見極めることで、より希望に近い就職ができます。また、就職後のミスマッチや早期離職を防ぐことに繋がります。

  • ビジネスマナー講習会

    社会人のマナーとして必要な、基本的な身だしなみ、正しいお辞儀の仕方、敬語の使い方や、面接の際の入室から、面接官とのやりとり、退室までを学べます。受講前と後で、学生の意識が変わり、面接官の印象アップにつながります。

  • 卒業生講演会

    医療現場で活躍している卒業生からの講演により、職業意識を身につけ、医療人としての目標と今後の学修意欲の向上を図ります。

  • 合同就職相談会(柔道整復学科・鍼灸学科)

    医療施設と学生が直接対話できる場を提供することにより、事業主や現場で活躍中の先生方の話を聞くことができ、就職に関する情報を収集する絶好の機会となります。

内定者インタビュー

キャリア講演会で先輩の話を聞き、将来の自分が具体的にイメージできました。

「助産師になりたいけれど自分にできるだろうか」と、遠い存在に感じていましたが、2年生のときにキャリア講演会で助産師コース1期生の先輩の話を聞いたことで、実習や就職後の業務、生活について具体的にイメージでき、私も挑戦してみたいと思えるようになりました。まだ自分がどんな職域に向いているかわからない方でも大丈夫です!先生方や先輩たちから体験談を聞いたり、患者さんとの関わりを通じて感じたり学んだりする中で、進みたい道が必ず見つかりますよ。

山内 亜紀
看護学部 看護学科/勝山高等学校 出身

面接の練習で先生にいただいたアドバイス、本番で活かすことができました。

京大病院のインターンシップに参加した際、看護部の理念「患者さんに寄り添った、安全で温かみのある看護」を先輩の看護師さんが実践している姿を目の当たりにしました。この理念は、まさに私がめざす看護師像であったためこの病院で働きたいと思いました。就職活動では、先生が面接の練習を見てくれたことが役に立ちました。アドバイスをいただいて自分の気づかなかった弱点を知ることができ、実際の面接ではそれらの反省点をきちんと活かすことができたと思います。

奥野 蘭
看護学部 看護学科/城陽高等学校 出身

地域密着で医療を提供していきたい。将来の夢にぴったりの職場が見つかった。

内定をいただいたのは、地域密着で医療サービスを提供している整骨院。将来やりたいことに近く、得られるものが多いと思い就職を決めました。また、院長の人柄に惹かれたのも理由です。就職後は、将来の開業に向けて施術から経営までしっかり学びたいです。僕自身、就職活動では実際に見学に行き、現場でしかわからない空気を感じることを大切にしていました。皆さんもたくさん見学し、疑問は何でも積極的に質問するようにすれば、きっと理想の職場が見つかると思います。

森野 浩太朗
保健医療学部 柔道整復学科/京都共栄学園高等学校 出身

3 年次に国家資格を取得できていたので余裕を持って就職活動できました。

就職活動を始めて2ヶ月ほどで内定をいただくことができました。3年次に「はり師・きゅう師」の国家資格を取得できていたことで、就職活動において気持ちの面でも有利に働いたと思います。また、本学は実習の量が多く、臨床の現場に立つ機会も多かったので、働くならどんな職場がよいか具体的にイメージできていたのもよかったと思います。就職活動で職場見学する際は、将来なりたい自分を想像して、そのためには何が必要かを考えながら見学するとよいと思います。

馬場 百香
鍼灸学部 鍼灸学科/大津商業高等学校 出身