資料請求

メニュー

特長

鍼灸医学の聖地で鍼灸の「学」と「術」を究める

特長01

多彩な可能性を支援する研究分野の設置

修士課程には、高度な専門知識・臨床能力を持ち、地域や医療現場における指導的人材となる鍼灸師を養成する「臨床鍼灸学専攻」と、研究者としての資質及び研究能力を養う「鍼灸学専攻」の2コースがあります。また、鍼灸学専攻では「通信教育課程」も併設し、実務経験を通して得た技術を、体系的かつ学術的に高度化させます。
「博士後期課程」では、より高度な研究を重ねることで、鍼灸学の進歩と発展に寄与する自立した研究者を養成します。

特長02

充実の施設と東西両医学の教授陣による指導

「附属病院」や「附属鍼灸センター」などの、統合医療を実践する臨床施設をはじめ、鍼灸のメカニズムを解明する研究機材を備えた「附属東洋医学研究所」や、「附属メディカルMRセンター」などの附属施設で研究活動を行います。また、鍼灸の権威である教授陣と、医師や基礎医学専門教員など、第一線で活躍する教員が学生の研究活動をサポートしています。
この充実の施設と東西両医学の研究者による密接な協力体制は、本学ならではの強みです。

特長03

より質の高い臨床と研究の実践

本大学院では今まで積み上げてきた研究実績と、豊富な臨床施設での症例データを元に、幅広い分野(医療領域、スポーツ領域、健康予防領域)で活躍できるような人材の育成を目指し、学生の目標に応じた実践教育を行っています。また、社会のニーズに合った成果を広く社会に還元できるように、アンケート調査で現状を分析し、病態や治効機序などを裏付ける鍼灸医学の科学的根拠の確立を目指し、通学制・通信制の学生と教員が一丸となって、総合的な臨床・研究に取り組んでいます。

図表

研究と治療を重ねることで
自分の強みを作り、患者さんの愁訴を改善したい。

就職ではなく大学院への進学を選んだのは、まだ自分に自信がなかったからです。信頼できる先生のもとでより専門的な勉強をすることで自分の強みができるのではと考え、進学を選びました。現在は、運動器という分野を専門に勉強しながら研究や臨床を行っています。大学院に進んでよかったと思うのは、ここでしかない経験ができるということです。整形外科外来に参加させてもらい研究対象の被験者を募ったり、病棟での治療を体験できることなどは、とても貴重な経験だと思います。大学院へ進学して、最初はできなかったことが徐々にできるようになり、大学院で深めた知識や技術を患者さんへ還元していく中で感謝されることも増え、それらが少しずつ自分の自信につながっているように感じます。大学院卒業後は最終的に開業することを考えているので、大学院での2年間で確固とした自分だけの強みをつくり、その強みで少しでも多くの患者さんの愁訴を改善し、笑顔にできるような治療家になりたいです。

佐藤 元大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻 修士課程2年生
愛知県 名古屋大谷高等学校 出身

患者さんへの治療を通じ、
実際の医師から意見をいただけるのが魅力です。

専門分野の先生方のもとで、さらに鍼灸学を深く学び知識の幅を広げたいと思い、大学院に進学しました。鍼灸治療が身体に対してどのように働き、影響が出るのかを日々学んでいます。大学院は、ひとりの患者さんの問診から治療を終えるまで、自分の立てた治療方針に対して先生方から活きたアドバイスがもらえることや臨床の場が豊富に用意されていることが魅力だと思います。また、明治国際医療大学には、鍼灸の大学では珍しく附属病院があるため、実習の際に疑問を感じたときは医師の方々に直接質問や相談ができるのもよい点です。医療人として病院内のチーム医療を目の当たりにできるのは本当に貴重な時間だと思います。大学院に入って実際の患者さんに鍼灸治療を行うことは、鍼灸の良さを伝えられるか不安や緊張もありましたが、担当した患者さんから「体がすごく楽になりました。鍼灸って良いですね。」と言われたときはとても嬉しかったです。

島村 侑果大学院 鍼灸学研究科 臨床鍼灸学専攻 修士課程2年生
大分県 大分東明高等学校 出身

アスレティックトレーナーとして
スポーツ医療分野の発展に貢献したい。

ラグビーチームのアスレティックトレーナーとして活動する中で、選手に鍼灸治療や徒手療法、セルフケアを指導する機会が多くあります。その際、最善の治療、セルフケアを選択することを心がけていますが、一方で経験に頼りすぎてしまっているようにも感じていました。そこで、普段行っている治療やセルフケアの理論的背景を見直し、効能に関するエビデンスを確立することで医療人として、より成長したいと思い大学院に進みました。通信制に所属していますが、web上で基盤科目を履修できるので、社会人としての業務を行いながら、無理なく計画的に履修できます。担当教員とのやり取りもスムーズで、自身の研究課題について相談しながら進められます。同じ担当教員に師事していた卒業生も多いため、全国で活躍されている卒業生とのつながりもでき、多くの刺激をいただきました。今後は、現在取り組んでいる課題について卒業後も継続して研究を続け、スポーツ選手のセルフケアに関する新たな知見を発信していきたいと思います。

濱野 武彦大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻 修士課程(通信教育課程)3年生
愛知県 熱田高等学校 出身