資料請求

メニュー

在学生紹介
最新の設備や救助資機材が揃うこの大学で、即戦力となる救急救命士を目指す。

鈴木 海斗(すずき かいと)
保健医療学部 救急救命学科 2年

入学の動機について

なぜ他の学校ではなく、明治国際医療大学を選びましたか?

街で消防士や救急救命士の方が人を助けている姿を見るたびに憧れを抱いていました。インターネットで検索をし、明治国際医療大学のパンフレットなどを見た時に都市型救助の実習ができることや、在学中に消防署へのインターンが行えることを知り、魅力を感じました。

授業・実習について

印象に残っている授業は何ですか?

ライフセービング実習です。厳しい指導の中、辛くても顔には出さず、みんなで励ましの言葉をかけあい助け合いながら訓練した事が印象に残っています。その訓練を成し遂げみんなでライフセーバーの資格を勝ち取った時の喜び、達成感は何ものにも代え難い大切な思い出です。

先生から教わったことで印象に残っていることは何ですか?

何事に対しても“返事をする”ということです。救急救命士はチームで活動します。この返事がなければ、救助活動において、傷病者や自分、隊員たちの命が危険にさらされるということを知りました。救急救命士にとって返事とは、命を守る大事なことだと教わりました。

将来について

今後の目標を教えてください。

救急救命士の資格取得はもちろんですが、学科目標である即戦力となる救急救命士になることを意識しています。この大学は最新の設備、救助資機材などが揃い、自分たちで処置訓練を行える環境が整っています。このチャンスを活かし、時間を見つけ、繰り返し訓練を行い、卒業後は消防の現場で即戦力として活躍できるよう頑張っています。

注)このインタビューは平成29年度秋に行いました。